• 役所広司
  • 内野聖陽
  • 土屋太鳳/
  • 磯村勇斗
  • 黒木 華
  • 寺島しのぶ
監督・脚本:
曽利文彦
原作:
『八犬伝 上・下』山田風太郎(角川文庫刊)
配給:
キノフィルムズ
製作:
木下グループ
制作:
unfilm
202410
劇場公開
Official SNS
Scroll

INTRODUCTION

イントロダクション

世界に誇る日本の
エンターテインメントの原点

「八犬伝」実写映画化!

圧倒的スケールで描く八犬伝と、
物語を生み出した馬琴の感動の実話が
シンクロする
前代未聞の
エンターテインメント超大作誕生!!

天に飛び去った八つの珠が、
一つに集まる瞬間。
彼らは最強の勇士になる。

里見家の呪いを解くため、8つの玉に引き寄せられた8人の剣士の運命をダイナミックなVFXで描く八犬伝の世界。
そして、作家・滝沢馬琴と挿絵を頼まれた浮世絵師・葛飾北斎の奇妙な友情を通じて“創作”の真髄に迫る実話の世界。
“虚構”と“現実”が交錯した新たな『八犬伝』が描かれる。
失明しながらも、28年の歳月をかけて「八犬伝」を書き上げた馬琴。
物語を生み出す苦悩と葛藤、馬琴の執念が生んだ「八犬伝」は、令和を生きる人々の心を奮い立たせる。
原作は山田風太郎。監督は曽利文彦。豪華キャスト陣を配し、かつてないスケールで描かれる。

COMMENT

コメント

滝沢馬琴 役所広司

滝沢馬琴

役所広司

28年掛けて書き上げた「南総里見八犬伝」。
成し遂げられたのは、親友、葛飾北斎と家族たちの献身的な支えがあった。
読本作家 滝沢馬琴の几帳面な生活と彼が生み出す絢爛豪華な活劇。
果たして馬琴にとってどちらが《虚》で、どちらが《実》なのか?
映画館でお楽しみ下さい。

葛飾北斎 内野聖陽

葛飾北斎

内野聖陽

北斎は晩年、多くの物語から触発され絵を描き、そして馬琴は、北斎の絵に触発され、筆を走らせた。ジャンルの違う芸術家同士が、インスピレーションを与え合っていたなんて素晴らしいことです。
馬琴が創作活動で悶え苦しむほど、《虚》の世界の八犬士たちの華やかでケレンのある世界が輝きを増す。それは、まるで「鬼滅の刃」の世界。北斎はそんな馬琴を面白がりながらも一番の理解者として愛情深く見つめ、時には喧嘩も罵り合いもする存在。
そんな二人の関係は人間らしくて、オモシロく、お互いにとってなくてはならない存在であったことが感じられます。
馬琴が北斎との友情の中で育て上げた「八犬伝」。家族を抱え、ままならない現実に悶えながらも、華やかで正義感に満ちた作品を描いていく様は本当に見応え十分です!劇場の大きなスクリーンで、この迫力ある世界を楽しんで頂けたらと思います!

伏姫 土屋太鳳

伏姫

土屋太鳳

伏姫は、子どもの頃からの憧れの存在。その魅力は語り尽くせないけれど、私が思う一番の魅力は、包容力です。一見“自己犠牲”に見えながら、実は誰よりも能動的に物語を牽引し、守るべきものを守り通す。憧れます。
現代の技術があってこそ実現できる「伝説のリアル感」が、《虚》パートの大きな魅力ではないかと思います。夢中で本を読んでいると、頭の中に物語の世界が縦横無尽に広がりますが、その感覚と同じ興奮を覚えました。とても新鮮だと感じる一方で、不思議な現実味があるように感じました。人には「起きている時」と「眠っている時」がありますが、その両方を意識が行き来しながら生活している感覚に、少し似ているのかもしれません。伏姫が取り組んだ使命は、現代においても、大切な課題だと思います。見失ってはいけないものを、人は簡単に見失ってしまう。なぜなのか、そして、どうすれば取り戻せるのか…伏姫の祈りを、どうか受け取って下さい。

宗伯 磯村勇斗

宗伯

磯村勇斗

宗伯は父・馬琴に確固たる忠誠心と敬意を持った息子です。今回、そんな息子役で役所さんと初めて共演させていただき、父・馬琴として、俳優として、大きな背中を近くで見ることができ、とても実りある撮影時間を過ごすことができました。「八犬伝」をご存知の方もそうではない方も楽しめる作品で、《実》パートと《虚》パートそれぞれの物語がクロスしていく描き方は必見です。ぜひ劇場でご覧頂けたら嬉しいです。

お路 黒木 華

お路

黒木 華

お路は “表に出さない強さ”を秘めた女性だと思います。何があっても静かに耐えて感情を出さなかったお路が皆の想いを受け、「この物語は絶対に残さねばならない」と馬琴と共に「八犬伝」を完成させようとしていく姿には強い意志を感じました。
多くの作品を拝見させていただき、いつかご一緒したいと願っていた役所さんとの共演は光栄でした。馬琴の悔しさや、目が見えなくなっていく過程のお芝居も圧巻でした。
“現実”と”物語”を行き来する今作を、是非楽しんでもらえると嬉しいです。

お百 寺島しのぶ

お百

寺島しのぶ

お百は役所さん演じる馬琴に、ひたすら怒鳴りつけて気持ちをぶつける役で台詞も早く巻くしたてないといけなかったので苦労しましたが、久々の共演となる同期生の内野くんもいたので安心してお芝居ができました。「八犬伝」のスペクタキュラーな《虚》の世界と私たちの《実》のパートがどうリンクしていくのか、楽しみにしていて下さい。

監督・脚本

曽利文彦

「日本が世界に誇る役所広司さんに馬琴を演じてもらいたい!」 すべてはこの想いからスタートしました。「そして北斎は、これまた日本を代表する俳優の内野聖陽さんに!」 このお二人の夢の共演が叶ったときの監督としての喜びは、言葉にできるものではありません。
『八犬伝』は、その作品と生きざまにおいて“正義”を貫いた一人の作家の物語です。複雑多様化した現代社会を頑張って生き抜いているからこそ、このシンプルな“正義”が深く心に突き刺さります。虚実入り乱れる大胆な構成と、「八犬伝」ファンの皆さんは現在の最新映像技術で蘇る新しい『八犬伝』の姿を、そして日本の漫画やアニメが大好きな皆さんはその原点の物語をぜひ楽しんでください!